· 

①8周年記念企画☆シナさん直撃インタビュー

今回のコラムは、祝・8周年特別企画!…として、シナさんにインタビューさせて頂きました!

今月は3回にわたり、その模様をお送りしたいと思います(´▽`)

 

8年間、Seedsを育ててきたシナさんの本音に迫ります。
Seeds愛はもちろんの事、スタッフ愛もヒシヒシと感じるインタビューとなりました。
シナさんの事をよく知る方も、よく知らない方も、楽しめる内容になったんじゃないかと
思います。ぜひ、〝シナさん〟をご堪能ください( *´艸`)笑

 

以下、シ)…オーナー中谷志奈子 / ま)…インタビュアー で表記。

 ま)8周年、おめでとございます!
まずは8周年を迎えた今の心境から教えて頂けますか??

 

シ)ありがとうございます。
まさか…、その、8年も続くと思ってませんでした。5年ぐらいで終わるかと思ってた。
3年続くかどうかもドキドキしてたから。。
サロンをやった事ない人間が、いきなりサロンをやっているので、絶対ないよなぁ…って。

 

ま)では、あまり実感が湧かないような感じですか?

 

シ)んー、気づいたらこんなに時間が経ってたって言う感じかな。

 

ま)今のお店に対する思いとか、オープン当時から何か変わったコトはありますか?

 

シ)最初オープンした時は、自分がやりたい事やるって言うのが、一番だったのね。
でも、今どうなったかって言ったら、自分の存在がこの社会をどう変化させるのか、、
そっちに移行してるかな、今は。
自分のやりたいコトとか、正直そんなに、、っと言うか、もう達成したからね。笑
自分のやりたいコトってなんだろう?…って思った時に、有難いコトに、
結婚もして、家もあって、それなりに生活が出来てて、自分の好きなコトがあって
仕事をするって言うのが、自分のやりたいコトだったから。
それが出来てしまっているので、自分の中でやりたい事って言うのは、完成なんですよね。
その中で、ちょこちょことやりたい事は発生してるけど、例えばブラッシュアップとかね。
でも、あくまでその先にあるのは、自分のシーズと言うお店が、この社会にどんな貢献が
出来るのかって言うコトを、存在意義として持つようになった気がする。
最初と変わったコトは、そこかな。

 

ま)そしたら、、この8年の中で、辞めたいと思ったコトはありますか?
  
シ)え、めっちゃあるよ。めっちゃるよ、何言ってんの。たわわのようにあるよ。笑
まず1年目。「しんどいなぁ、、、オィ(*_*;」っと思って。笑
実は、あんまり集客を一生懸命した時期がなくて。1人でやってる時って。
今の方が、ものすごい一生懸命せなあかんのね。
その1年目の時に、知らない人を招いてやるって言うのが、すごいしんどかった。。
あと、ケガをした時があって、3年目の夏かな?飼い猫に噛まれまして。。笑
結構深刻で、しびれが止まらなくて。最初の1週間ぐらいは毎日病院に通って点滴…。
私は両手を噛まれて。両手使えなくて、1か月店を休んだ時があったんですよ。
  
正確に言うと、2週間でなんとか復帰したんだけど、その時に手だけじゃない施術を、
手を使わないでいい施術を勉強しようと思って取り入れたのが、実は「かっさ」。

 

ま)なるほどー、道具を使うってコトですね?

 

シ)そう。指を使わないで道具を使うの。入れようと思って入れたのが「かっさ」だった。
それが今や、シーズのグランドメニューになってもうとるからねー。
リピート率もすごく高いしね。かっさを一回受けたら、かっさしかダメって言う人が
おるぐらいやから。
だから、そう思うと、まぁ雨降って地固まると言うか。プラスにはなったんだけど。
まぁ、その時に辞めたいなぁとは思ったかなぁ。
その辺はまだ全然大丈夫で、一番キツかったのは、4年目か5年目の時。
人間関係で、ホンマにやめようと思ったもん。出社拒否も起こったぐらいやからねぇ。
だから、スタッフを入れるコトにも抵抗があった。笑

 

ま)色々あった中で、最終的に続けようと思ったのはなぜ?  

 

シ)結局お客様やね。お客さまが助けてくれた。

 

ま)世の中に、たくさんたくさんリラクゼーションサロンってあるじゃないですか?
その中で生き残れた理由はなんだと思いますか?

 

シ)オンリーワンを提案してるからじゃない?
〝シーズのシナさん〟ってたぶんオンリーなんだよね、私って。少なくとも。
だから、私じゃないとダメだし私の変わりはおらんし、ペーさんの変わりもおらんし。
…って言う人間ばっかりって言うのが、残ってる一番じゃないかなぁ?
だって、それはお客様に対して、その時その時の施術がまたオンリーワンになるからね。

 

ま)では、今、夢とかありますか?

 

シ)言っていい?…ホンマ言っていい?? 休みたい!!笑
家のことガッツリやったろうかと思うし。

 

ま)それ休みになってないじゃないですか。笑

 

シ)え?あぁ、そうか。笑 いや、もうねぇ、休みたい!で、1人になりたい。
1人になって、水の中でずーっと浮いてたいよね。笑 ぷわら~ぷわら~っと浮き輪で。
…アホやろ?笑

 

ま)めっちゃ意外でした!笑 なんか動いてるのが好きなのかなーって思ってたんで。

 

シ)できればちょっとゆっくりしたい。笑 ホンマに寝てたいよね。笑

 

ま)そういうシナさんを、旦那さんはどう思ったりとか言われたりします?

 

シ)「えぇんじゃね?」…って言ってる。まぁ、頑張れよって言う感じなんかな。笑

 ま)お客様へのメッセージをお願いします。

 

シ)私たちシーズスタッフが、後ろから支えてるので、好きなように動いてきてください。
疲れたら疲れたって言いましょう!

 

ま)では、9年目10年目に向けて意気込みはありますか?

 

シ)とりあえず、10年目はなんかぱーちーしよか。笑
みんな招待おくるから、みんな来てねー。
んー、、だけど10年たったら辞めるって言いそうw
ちょっと思っているのは、ラグジュアリーなサロンをひとつ作りたいなぁ~って。

 

ま)ワンランク上、みたいな?…それ夢じゃないですか!休みの前に。笑

 

シ)いや、夢でもなんでもないよ。だってそれは「やる事」であって、夢じゃない。

 

ま)それが10年目以降ぐらいのイメージですか?

 

シ)うん、、シーズに居なくなる訳じゃないからな。シーズはぺーちゃんとありさんが
いてたら、2人に任せてね。居てないかもしれないから、彼らは彼らの人生があるので。
私はいつまでもスタッフがいるとも思ってないし。

 

ま)いつも思いますけど、それすごいスタンスですよね。

 

シ)うん。独立するって思っとかないと。
スタッフが居なくなる事に対して、裏切りとか思っちゃうじゃん。

 

ま)カッコいいっすねぇ笑 めっちゃ男前ですよね。

 

シ)そう?えーーー、、男前って言うのは、なんなんやろうねぇ?
なんだろうねぇ。男前って言うのかな?こういうの。
でも、ま。「女前」ぐらいにしとこうか。笑

 

ま)なんか…そこまで頑張れるのって、なんか理由があるんですか?

 

シ)私にとっては、これは頑張ってる事でもなんでもないもん。
やる事だからやってるだけの話であって。使命みたいな感じです。

 

ま)そこから逃げたくなることないですか?

 

シ)ん?時々(あるよ)。笑 …そん時に、宝塚。笑

 この続きは、また次回。。(^_^)

 

私個人的に、自分の信念をしっかりとブレずに話して頂く中、旦那さんの話が出た時に、
ほっこり緩んだ柔らかい表情が、印象的でした。

 

それ言っちゃっていいんかなぁ…と思うようなコトも、隠さず自然に話されるシナさんは
間違いなく、影響力が高く、とても魅力的な人だなぁと改めて思いました。
ここでたくさんのスタッフさん達が育って行ったのも、とてもうなずけます!
次回は、施術について伺った部分をお届けします!お楽しみに~(^^♪




CopyRight© Mariko Oonishi